そらまつり
そらまつり

ライブフェス会場
  • そらまつり2018
  • そらまつり2017
  • そらまつり2016
  • 東京2015
  • 尼崎2015
  • 東京2014
  • 尼崎2014
  • 東京2013
  • 箕面2013
  • 東京2012
  • 箕面2012




そらまつり2018



日時/2018年10月21日(日)
開場/11:30
開演/12:00-17:00
場所/砧公園・ねむのき広場
主催/そらまつり2018実行委員会
企画/NISORO・そらまつり2018実行委員会
制作/NISORO・そらまつり2018実行委員会
後援/世田谷区

アクセス/
最寄駅 
東急田園都市線「用賀駅」から徒歩15分
または東急コーチバス(美術館行き)「美術館」下車
小田急線「千歳船橋」下車、東急バス(田園調布行き)「砧公園緑地入口」下車
小田急線「成城学園前」から東急バス(都立大学前北口行き)「岡本一丁目」下車
車でお越しの方へ
公園内に有料駐車場はありますが、出来るだけ、電車でお越しください。


そらまつり2017

そらまつり2017は終了致しました。


〜夏編〜<終了>
日時/2017年8月6日(日)
開場/11:30
開演/12:30-18:00

〜秋編〜
日時/2017年11月12日(日)
開場/11:00
開演/12:00-17:00

場所/砧公園・ねむのき広場
主催/そらまつり2017実行委員会
企画/NISORO・そらまつり2017実行委員会
制作/NISORO・そらまつり2017実行委員会
後援/世田谷区、世田谷教育委員会

アクセス/
最寄駅 
東急田園都市線「用賀駅」から徒歩15分
または東急コーチバス(美術館行き)「美術館」下車
小田急線「千歳船橋」下車、東急バス(田園調布行き)「砧公園緑地入口」下車
小田急線「成城学園前」から東急バス(都立大学前北口行き)「岡本一丁目」下車
車でお越しの方へ
公園内に有料駐車場はありますが、出来るだけ、電車でお越しください。


そらまつり2016

そらまつり2016は終了致しました。

日時/2016年10月16日(日)
開場/11:00
開演/11:30-17:00

場所/砧公園・ねむのき広場
主催/そらまつり2016実行委員会
企画/NISORO・そらまつり2016実行委員会
制作/NISORO・そらまつり2016実行委員会
後援/世田谷区、世田谷教育委員会
アクセス/
最寄駅 
東急田園都市線「用賀駅」から徒歩15分
または東急コーチバス(美術館行き)「美術館」下車
小田急線「千歳船橋」下車、東急バス(田園調布行き)「砧公園緑地入口」下車
小田急線「成城学園前」から東急バス(都立大学前北口行き)「岡本一丁目」下車
車でお越しの方へ
公園内に有料駐車場はありますが、出来るだけ、電車でお越しください。


そらまつり2016開催にあたって

昨年に初めて開催した砧公園での「そらまつり」。今まで使えなかった公園から許可をいただき、その公園の活用方法も考えてもらえるきっかけにしたいという「そらまつり」の原点となる願いが詰まった1日となりました。
2007年7月21日に兵庫県で開催したお祭りが10年も続くとは思ってもいませんでした。この10年間、全国各地で人とのつながりや場所を意識する仲間達がお祭りをつくってきました。「そらまつり」がなければ出会えなかった場所や人、つながりがたくさんあります。今年は、そんな10年分の思いを詰め込んだ「そらまつり」を昨年縁をいただいた砧公園で開催します。
当初はもっと豪華なお祭りをやろうと思っていたのですが、今までやってきた「そらまつり」らしく素朴にひとりひとりのためにお祭りをつくることを決めました。
さらに、今年で最後の開催。ただ続けるだけではなく、今後新しい形に展開させるための決断です。「そらまつり」でつながった人達と過ごせることが、まさに毎日「そらまつり」を感じられていることになる。そんな仕掛けを来年以降は挑戦して行く予定です。祭りという形はなくなっても「そらまつり」は存在し続けます。この10年間、みんなにとっての「そらまつり」はどんなものだったのだろう。少しでも種となり、それが実となり花となっているのなら嬉しい限りです。僕は、これからはそのみんなの「そらまつり」が咲かせた花を探しにいきたいと思っています。そして、水をやりながら僕がやりたかったことを実現させていきます。
参加する方々それぞれの思いを形にしたい。
究極のきっかけまつりにしたい。
僕は、旅をして音楽と出会い、その旅と音楽があったから今の自分も存在して、出会った人との時間が今の自分につなげてくれていると思っています。
みんな今の自分をつくってくれているきっかけとなる時間があるはず。
ない人はこれからつくれるはず。
「そらまつり」で、その初心となる瞬間が見えたらなんて素敵なんだろう。毎年、この「そらまつり」で出会いつながる人たちがイキイキと新しい挑戦をしている姿に感動します。たくさんの出会いの形を生み出してほしい。その一心で最後の「そらまつり」もみんなとつくっています。
東京で出会える大切な作品や食、音楽、それを生み出している人たち。みんなを紹介したい!!そして、東京ではない日本全国にいる大切な仲間たちもつなげたい!
東京世田谷の素敵な砧公園で、�音楽を聴いて、いい食を身体に取り入れ、いいモノに触れ、新しい出会いを持ちかえってほしい。
旅のような一日をつくりたい気持ちで、「そらまつり」を開催してきました。
「そらまつり」で生まれる多くのつながりが、これからの未来につながりますように。

そらまつり2016実行委員長 丸山茂樹

そらまつり東京2015

そらまつり東京2015は終了致しました。

日時/2015年9月27日(日)
開場/11:00
開演/11:30-17:00

場所/砧公園・ねむのき広場
主催/そらまつり東京2015実行委員会
企画/NISORO・そらまつり東京2015実行委員会
制作/NISORO・そらまつり東京2015実行委員会
後援/世田谷区、世田谷教育委員会
アクセス/
最寄駅 
東急田園都市線「用賀駅」から徒歩15分
または東急コーチバス(美術館行き)「美術館」下車
小田急線「千歳船橋」下車、東急バス(田園調布行き)「砧公園緑地入口」下車
小田急線「成城学園前」から東急バス(都立大学前北口行き)「岡本一丁目」下車
車でお越しの方へ
公園内に有料駐車場はありますが、出来るだけ、電車でお越しください。


そらまつり東京2015開催にあたって

僕がそらまつりに出会ったのは、3年前。
「何かやりたい」「自分らしく生きたい」と思って、会社を辞め、2年も経つのに、結局何もしていない自分に、もどかしさを感じていた時でした。
そんな時に、プロデューサーの丸山茂樹さんと出会いました。
まっすぐ見つめる瞳に見透かされるみたいで、目を合わせることが出来きなかったことを今でも覚えております。
それでも、なんだか逃げたくなくて、茂樹さんの真っ直ぐさに惹かれて、そらまつりのスタッフを2年間やりました。
この3年間、自分らしく生きたいと思い、路上でパフォーマンスをしたり、お店を開いたり、自分なりに活動してきましたが、自分らしく生きたいという最初の想いがだんだん薄れていき、形式や肩書きにこだわってしまったり、人の意見に合わせて、自分の気持ちがわからなくなったり、いつの間にか自分を見失ってしまっていることに気づきました。
そこで思ったことは、 生きている感覚、心震える体験をしたいということでした。
そんな時に、茂樹さんから久しぶりに連絡を頂き、話をしていく中で、突然「そらまつりをやりたい」と言ってしまった自分がいました。
「そらまつり」をやれば、心震える体験をすることができ、この状態を変えられると思ったのです。
そらまつりをやると決めて、一番変わったのは主体性を取り戻したこと。そうすると、どんどん楽しくなっていくのです。そして、出会いが変わっていく!!そらまつりのコンセプトに共感してくれる人にどんどん出会うようになり、旅をしている時のような感覚になりました。
3年間のミーティングの中で、茂樹さんが度々話しをしていた「そらまつりとは旅と同じようなもの」ということの意味を深く感じるようになりました。
今回、開催する砧公園は、僕が子供の頃、幼稚園の先生とよく遊びに来た思い出の場所です。この地でそらまつりをすることになるなんて、子供の僕は夢にも思わなかったことでしょう。
当日は、子供の僕が思いっきり遊んだ場所で、大人になった僕が思いっきり遊びます。
皆様と、心に残る最高の1日にできることを楽しみにしてます!!

そらまつり東京2015実行委員長  小林俊介

そらまつり尼崎2015

そらまつり尼崎2015は終了致しました。

日時/2015年10月11日(日)
開場/11:30
開演/12:00-17:00

場所/猪名川公園・自由広場
主催/そらまつり尼崎2015実行委員会
企画/NISORO・そらまつり尼崎2015実行委員会
制作/NISORO・そらまつり尼崎2015実行委員会
後援/尼崎市、尼崎市教育委員会
<会場へのアクセス方法>
電車でお越しのお客様
・阪急神戸線「園田駅」下車。徒歩20分。
バスでお越しのお客様
・阪急園田駅北側 尼崎市営バス21番「阪急塚口」行き、もしくは22番「阪神尼崎」行きにご乗車ください。
バス停「椎堂」下車。徒歩5分。
・阪神尼崎駅北側 尼崎市営バス22番「阪急園田」行きにご乗車ください。
バス停「椎堂」下車。徒歩5分。
お車でお越しのお客様
猪名川公園北側の「園田競馬場駐車場4-2」をご利用ください。但し、台数に限りがあるため、公共の交通機関でお越しいただくことをお勧めいたします。


そらまつり尼崎2014開催にあたって

そらまつり尼崎の開催は2年目。
去年と同じ猪名川公園での開催です。
自分の好きな人やモノ、場所を伝えることを通して自分を成長させるため、一つのことをやりきるために昨年のそらまつり尼崎の開催を決めました。
昨年、お祭り当日を迎えて溢れてきた思いは嬉しさや楽しさだけではありませんでした。
「そらまつり尼崎」の空間に集まった人達の顔を見て悔しい思いが湧き上がってきました。
この人達のことを伝えきれていない、もっともっとできることがあったのに、と。
「そらまつり」をキーワードに頂いたご縁をもっと大切につないでいきたくて今年も開催することに決めました。
そらまつりは、いざという時に助けてくれる人達がいるんだと気付かせてくれました。
背中を向けられるのが怖くて自分から逃げ出してばかりだった私にとって、その気付きはとても大きなものでした。
そらまつりに関わりはじめた5年前、丸山さんと出会った時に感じたことが実行委員長をやったことで蘇ってきました。
これまでの繋がりとこれからの出会いで、今年の「そらまつり尼崎」を丁寧につくっていきます。
緑に囲まれた猪名川公園でみなさまにお会いできるのを楽しみにしております!


そらまつり尼崎実行委員長
横山 恵

そらまつり東京2014

そらまつり東京2014は終了致しました。

日時/2014年9月28日(日)
開場/11:00
開演/12:00-17:00
場所/東京都世田谷区 駒沢オリンピック公園 中央広場
主催/そらまつり東京2014実行委員会
企画/丸山 茂樹・NISORO・そらまつり東京2014実行委員会
制作/丸山 茂樹・NISORO・そらまつり東京2014実行委員会
後援/世田谷区、世田谷区教育委員会

そらまつり東京 2014 開催にあたって

8年目の「そらまつり」。
東京の駒沢公園での開催は3年目!
2012年に初開催した駒沢公園。とても素敵な場所で最低でも3年はやりたいと思って、もう3年目。


僕が東京に拠点を移してから初めての開催となった東京での「そらまつり」。
神秘的な空が2年連続、僕らを包んでくれた。
昨年は台風接近で中止をするか決断を迫られている中、準備を進めていると、
それでも参加したいというブースや出演者さんが集まってくれて、
縮小してでも開催しようと開場すると晴れ間が!!
その後は一度スコールがきたくらいで、素晴らしい空の下で無事終演しました。
今年は、昨年参加できなくなった皆さんや新しい出会いの中で、
さらにつながりを共有したい気持ちで開催を決めました。

参加する方々それぞれの思いを形にしたい。
究極のきっかけまつりにしたい。


僕は、旅をして音楽と出会い、その旅と音楽があったから今の自分も存在して、
出会った人との時間が今の自分につなげてくれていると思っています。
みんな今の自分をつくってくれているきっかけとなる時間があるはず。
ない人はこれからつくれるはず。
「そらまつり」で、その初心となる瞬間が見えたらなんて素敵なんだろう。
毎年、この「そらまつり」で出会いつながる人たちがイキイキと新しい挑戦をしている姿に感動します。
たくさんの出会いの形を生み出してほしい。
その一心で今年もお祭りをみんなとつくっていきます。

東京で出会える大切な作品や食、音楽、それを生み出している人たち。
みんなを紹介したい!!
そして、東京ではない日本全国にいる大切な仲間たちもつなげたい!
それが東京の「そらまつり」の魅力になっていってるんじゃないかなと思っています。

東京世田谷の素敵な駒沢公園で、
音楽を聴いて、いい食を身体に取り入れ、いいモノに触れ、新しい出会いを持ちかえってほしい。
旅のような一日をつくりたい気持ちで、そらまつりを開催しています。
今回の開催で生まれる多くのつながりが、これからの未来につながりますように。

そらまつり東京2014 実行委員長 丸山茂樹

そらまつり尼崎2014

そらまつり尼崎2014は終了致しました。

日時/2014年10月12日(日)
開場/11:30
開演/12:00-17:00

場所/猪名川公園・自由広場
主催/そらまつり尼崎2014実行委員会
企画/丸山 茂樹・NISORO・そらまつり尼崎2014実行委員会
制作/丸山 茂樹・NISORO・そらまつり尼崎2014実行委員会
後援/尼崎市、尼崎市教育委員会

そらまつり尼崎2014開催にあたって

尼崎市では初の開催。
私が生まれ育った尼崎でのそらまつり開催を決めたのは、何より”地元を伝えたい”という思いからです。

私は、4年前からそらまつりのボランティアスタッフとして関わり、過去9会場のそらまつりに参加しました。
最初は興味本位で関わり始めたそらまつり。
地元で開催しようとまで思ったきっかけがミュージシャンであり、そらまつりプロデューサー・丸山茂樹との出会いでした。

誰とでも真っ直ぐに話し、ぶつかり、受け止める丸山さんの姿に感動し、丸山さんの見ている世界を少しでも見られたらと思い、各地のそらまつりやライブに足を運ぶようになりました。

そこで出会ったのはいい場所、いいお店、自分の思いを真っ直ぐに伝える人達。 そらまつりや丸山さんの音楽を通して、帰りたい場所が全国にできました。

そして何もないと思っていた地元・尼崎、 改めて目を向けてみると、私が伝えたい場所もお店もあるし、紹介したい人もいる!ということに気が付きました。
東京に引っ越して更にその思いは強くなり、また新たに地元のいいところを知りたいと思うようになりました。
そんな想いから、開催を決めたそらまつり尼崎。
そらまつりを機に、私にとっての尼崎を見つけたい、
そして、みんなにとっての尼崎を見つけてもらいたいです。

そらまつり尼崎2014実行委員長
横山 恵

そらまつり東京2013

終了しました
日時/2013年9月15日(日)
開場/11:00
開演/12:00-17:00
場所/東京都世田谷区 駒沢オリンピック公園 中央広場
主催/そらまつり東京2013実行委員会
企画/丸山 茂樹・NISORO・そらまつり東京2013実行委員会
制作/丸山 茂樹・NISORO・そらまつり東京2013実行委員会
後援/世田谷区、世田谷区教育委員会

そらまつり東京 2013 開催にあたって

7年目の「そらまつり」。
今年も昨年同様、東京と大阪箕面での開催。

僕が東京に拠点を移してから初めての開催となった東京での「そらまつり」。
会場の駒沢公園での神秘的な空、新しい出会いの中で集まったブースの方々、縁のあるアーティストの方々、そしてボランティアスタッフの仲間たち。
今年も同じ駒沢公園で、新しい出会いやつながりをみんなと共有したい気持ちで開催を決めました。

参加する方々それぞれの思いを形にしたい。
究極のきっかけまつりにしたい。

僕は、旅をして音楽と出会い、その旅と音楽があったから今の自分も存在して、出会った人との時間が今の自分につなげてくれていると思っている。
みんな今の自分をつくってくれているきっかけとなる時間があるはず。
ない人はこれからつくれるはず。
「そらまつり」で、その初心となる瞬間が見えたらなんて素敵なんだろう。
毎年、この「そらまつり」で出会いつながる人たちがイキイキと新しい挑戦をしている姿に感動します。
たくさんの出会いの形を生み出してほしい。
その一心で今年もお祭りをみんなとつくっていきます。

東京世田谷の素敵な駒沢公園で、
音楽を聴いて、いい食を身体に取り入れ、いいモノに触れ、新しい出会いを持ちかえってほしい。
旅のような一日をつくりたい気持ちで、そらまつりを開催しています。
今回の開催で生まれる多くのつながりが、これからの未来につながりますように。

そらまつり東京2013 実行委員長 丸山茂樹


そらまつり箕面2013

終了しました
日時/2013年10月12日(土)
開場/11:00
開演/11:30-16:30

場所/スノーピーク箕面自然館フィールド
主催/そらまつり箕面2013実行委員会
企画/丸山 茂樹・NISORO・そらまつり箕面2013実行委員会
制作/丸山 茂樹・NISORO・そらまつり箕面2013実行委員会
後援/箕面市、箕面市教育委員会、箕面市音楽協会、メイプル文化財団

そらまつり箕面 2013 開催にあたって

私がそらまつりにはじめて参加してから、もう5年が経ちました。そらまつり箕面は昨年に引き続き、2回目となります。

私がそらまつりを自分でやりたいと思った一番のきっかけは、どんな人にも本気で想いを伝える丸山さんの姿でした。
スタッフひとりひとりと対話し、出演者さん、出展者さん、関係者さん、みんなに直接会い、そらまつりを伝え、本当に人と人がつながり、何かに気づき、持ち帰ってもらう為に全国を回る、その熱さに憧れて、私も本気になって誰かになにかを伝えてみたいと思い、自分の生まれ育った箕面での開催を決めました。

去年のそらまつり箕面は、自分の理想とは違うかたちでしたが、無事に開催できました。でも、とてもしんどくて、もうそらまつりはできないかもと思っていたとき、そらまつり東京2012へ参加しました。前日の最後のミーティングでそれぞれの熱い想いを知り、当日のフィナーレに号泣するスタッフをみたとき、本気を出してやりきったら、こんなふうに泣けるんだと本当に胸を打たれました。箕面の開催で、涙もでなくて疲れていた自分は、本当に本気だったのかと疑問に思いました。
思い描くそらまつりにできなかったから、今年も開催したい。
それも本当のことですが、もっと私は全力で自分の想いを伝えて、全力で成し遂げるということを人生ではじめてやってみたくなったから、今年の開催を決めました。

本気で皆とやりきったと言えるそらまつり箕面を迎えたいと思います!
来てくださった皆様に、そんな空間が伝わるよう楽しみます!

そらまつり箕面2013実行委員長
桑原 彩

そらまつり東京 2012

終了しました
日時/2012年10月13日(土)
開場/11:30
開演/12:00-18:00
入場/無料
場所/駒沢オリンピック公園 中央広場
主催/そらまつり東京2012実行委員会
企画/そらまつり東京2012実行委員会・丸山茂樹
制作/そらまつり東京2012実行委員会・丸山茂樹
後援/世田谷区・世田谷区教育委員会

そらまつり東京 2012 開催にあたって

6年目の「そらまつり」。
今年は箕面と東京での開催。

プロデューサー丸山茂樹が東京に拠点を移しての東京初開催は3年ぶりの関東開催。

よりシンプルにつながりのあるお店・出演者・スタッフと共に、
つくる過程を重視した「そらまつり」が東京では生まれています。

参加する方々それぞれの思いを形にしたい。
究極のきっかけまつりにしたい。

直接伝えるのではなく、
まずは、
こんなアクションがあるんだとか、
こんな人たちがいるんだとか、
こんな音楽があるんだとか、
こんなお店があるんだとか・・・
たくさんの出会いを感じてほしい。
東京だからこそ伝えられるたくさんの思いや人々。
全国の「そらまつり」の仲間と東京での新しい出会いを生み出したいと思っています。
さらには、本来のお祭りの形を届けられればとの想いが今年はあります。

東京世田谷の素敵な駒沢公園で、
音楽を聴いて、いい食を身体に取り入れ、いいモノに触れ、新しい出会いを持ちかえってほしい。
旅のような一日をつくりたい気持ちで、そらまつりを開催しています。
今回の開催で生まれる多くのつながりが、これからの未来につながりますように。

そらまつり東京2012 実行委員長 丸山茂樹

そらまつり箕面 2012

終了しました
日時/2012年8月26日(日) 雨天決行
開場/11:00
開演/11:30 – 17:00
場所/スノーピーク箕面自然館フィールド
主催/そらまつり箕面2012実行委員会
企画/そらまつり箕面2012実行委員会・丸山茂樹
制作/そらまつり箕面2012実行委員会・丸山茂樹
後援/箕面市・箕面市教育委員会

そらまつり箕面 2012 開催にあたって

今回、私が箕面で「そらまつり」を開催しようという思いに至ったのは、今までそらまつりスタッフとして様々な会場を訪れてきたことに理由があります。

私は高校生の時にそらまつりを知り、それから3年間、大阪、神戸、宮崎など様々な会場のスタッフをしてきました。
そこで感動したのが、そらまつりの創りだす空間です。
お客さんはもちろん、出展者の方、出演者の方など皆が楽しんでいて、ボランティアで集まったスタッフも誰一人やらされている感じも無く、むしろイキイキとおまつりを楽しんでいました。
また驚くことに、どの会場にも地元の方だけでなく、遠方からもたくさんの人が集まってきました。
そして来場者の方々が残してくれたコメントには、「場所の良さを感じた」「新しい発見があった」などがあり、そらまつりをきっかけに今までは意識していなかった場所へ目が向いたり、様々な気付きがあったりすることを目の当たりにして、私は丸山茂樹さんの伝え続けている「そらまつり」のコンセプトを実感して、その空間に感動したのでした。

そして、この感動をきっかけに、私の地元・箕面での開催を決意しました。
箕面は観光地として有名ですが、それだけではなく町中には良い場所、良いお店もたくさんあります。
そらまつりを機に、観光地ではないより身近な箕面を知ってもらいたい、そして箕面の町に感謝できる機会にしたいと願っています。

そらまつり箕面 実行委員長 桑原 彩


会場アクセス

会場:スノーピーク箕面自然館
〒563-0252 箕面市下止々呂美962
http://www.snowpeak.co.jp/camp/minoh/



・電車でお越しの方
(1)阪急宝塚線「池田駅」下車、池田市役所前発の「そらまつりバス」に乗り、約20分。
(2)阪急宝塚線「池田駅」で下車、阪急バス粟生団地線[26]、[136]系統に乗り、
「止々呂美ふるさと記念館前」下車すぐ。(約20分)
(3)北大阪急行「千里中央駅」より阪急バス箕面森町線(4番のりば)[1]系統に乗り約20分、
「中止々呂美」下車。徒歩約5分。

・お車でお越しの方
【ご注意】会場に駐車場はございません。
最寄のコインパーキングより「そらまつりバス」が会場まで運行しておりますので、ご利用ください。

[会場最寄りのコインパーキングへのアクセス]
NPC24H箕面森町パーキング(箕面市森町中1丁目1)
そらまつり会場まで徒歩20分、車で5分。

[大阪方面]
阪神高速11号池田線に乗り箕面バイパス北口交差点より6分。
[京都方面]
国道423号線に乗り、中止々呂美の信号を右折し3分。



***そらまつり送迎バスのご案内***


 池田市役所前、会場最寄りのコインパーキングの二か所より
 「そらまつり送迎バス」(有料)が運行しております!!

●バスの集合時間は出発時間の10分前となります。
出発時間になりますとバスを出発いたしますので、お乗り遅れのないよう、
ゆとりをもってご集合ください。
●集合場所へお越しいただいた方から順番にバスにご乗車いただきます。
●当日の空席状況によって、バス当日券を発行します。
ツイッター、フェイスブックから発信されるバス情報をご確認ください。
●そらまつりバス利用者多数の場合、下記の(臨)マークの時刻に臨時運行バスを出します。
●臨時運行バス、当日の空席情報などは、
そらまつり公式ツイッターアカウント【soramatsuri】もしくは、
フェイスブックページ【そらまつり箕面2012】をご確認ください。
●添乗員は同行いたしません。受付時に係員がご案内いたします。

[バス運行表]
・池田市役所前 発/そらまつり会場 行き
  (臨)9時 00分 発 →  9時 30分ごろ 着
    10時 40分 発 → 11時 10分ごろ 着

・NPCコインパーキング前 発/そらまつり会場 行き
  (臨)9時 45分 発 →  9時 55分ごろ 着
    11時 20分 発 → 11時 25分ごろ 着

・そらまつり会場 発/池田市役所前 行き
    17時 30分 発 → 18時 00分ごろ 着

・そらまつり会場 発/NPCコインパーキング前 行き
  (臨)17時 05分 発 → 17時 10分ごろ 着
    17時 15分 発 → 17時 20分ごろ 着

※当日の交通状況により、バスの発着時刻が前後する可能性がございます。
あらかじめご了承ください。

[バス運賃]
池田市役所前~そらまつり会場間:片道300円
NPC箕面新町パーキング前~そらまつり会場間:片道150円

☆☆ご利用の方は、こちらのメールフォームよりバスチケットをご購入ください。☆☆
http://form1.fc2.com/form/?id=782037   

[当日券について]
当日の空席状況により、そらまつりバスの当日券を販売致します。
ご希望の方は当日直接のりばまでお越しください。

●ご予約で満席となった場合、当日券の発行はありません。ご注意ください。
●そらまつり公式ツイッターアカウント【soramatsuri】、
もしくはフェイスブックページ【そらまつり箕面 2012】より
随時、バスの空席情報を更新いたします。ご確認ください。
●各バスは満席になり次第、各行き先に向けて出発いたしますので、
表示の出発予定時間が前後する場合がございます。予めご了承ください。

インターネット環境の無い方は、
080-1465-3642(クワハラ)までお問い合わせくださいませ。

満席になり次第、バスチケットの販売は締め切らせていただいます。
ご理解ご協力お願い致します。