そらまつり
そらまつり

開催者からのお知らせ

そらまつりとは

そらまつりは、土地の大切さを知り、人・自然・場所をつなげるため
野外イベント~音楽~を中心に、地域の人々と様々なプロジェクトを実行・支援や推進を行う非営利組織です。


そらまつりは、プロデューサー/アーティストの丸山茂樹が2007年に、野外イベント『そらまつり』として開催、2008年〜2012年と、地域の人々とのつながりで生まれました。
「そら」は、~どこにいてもつながっている~というメッセージ、~空、天、宙~といった人それぞれの感じ方ができる存在という意味でもあり、「まつり」は、地域の盆踊りのような何気なく昔から残る習慣を取り戻したい、まつりの語源である~間をつりあわす~のように目的までの過程でのつながりを大切にしたいという丸山茂樹の思いから、「そらまつり」という名前になりました。

プロデューサー 丸山 茂樹からのメッセージ

子どもの頃からイメージをすることが好きでした。
自分にとって生活がどれだけ楽しくなるのかを考えていくうちに、生活しにくい、表現しにくい、そんな自分が嫌になりました。

音楽と出会って、旅と出会って、たくさんのイメージが日本中、世界中に広がっていることを知り、それを伝えたい気持ちで音楽活動を広げていきました。

そんな中、そらまつりが生まれました。

大切な仲間がいる、大切な場所が残っている、大切な家族に気づく、それを伝えていくことが何よりも僕らに必要なことなのではないかと・・・。

環境イベントだといって、環境に興味のある人しか集まらなかったり、音楽フェスだといって、偏ったファンしか集まらなかったり・・・この世界にはたくさんのイメージがあふれかえっているのに、もったいないと思います。

今まで出会わなかった組み合わせに出会い、ふれあっていくことで、もっと新しい自分に出会い、その人たちが住む町がいきいきしていくんじゃないでしょうか。

そのための「場所」づくりをしたい。

その「場所」から、次のイメージに進めるようにかけはしとなりたい。

もっとそらを見上げて
もっと足元の風を感じて
もっといい匂いをかいで
もっと大切な人と抱き合って
出会ったことのないモノを見つけに旅に出ましょう